Luck Tabi

「肩肘はらず、気楽に旅したい」そのためのマイル活用術や、旅先、宿泊先のご紹介。最近はホテル宿泊記多め。

【Stay】ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 クラブフロア再訪記

f:id:gragra1185:20190710231018j:plain

「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」は、赤坂プリンスホテル跡地に、2016年7月開業したプリンスホテル&リゾーツのフラッグシップホテルです。またSPGの最高級ブランド「ザ・ラグジュアリーコレクションホテル」にも加入している、ダブルブランドホテルでもあり、東京の最高級ホテルの一つといっても過言ではないこちらのホテル。

今回はホテルの再訪記で、またクラブフロア利用です。こうしてみてみると、サービスの細部など異なってくるものですね。部屋の御紹介のほか、クラブラウンジでの滞在等に関し、ハイライトをご紹介します。

関連記事・前回宿泊記

www.lucktabi.com

  • ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町
  • お部屋(クラブデラックスキングルーム)
    • 窓からのビュー
    • ターンダウン・サービス
    • 水周りとアメニティ
    • カードキー
      • シューシャインサービス
    • スパ&フィットネス
  • クラブラウンジ
    • ティータイム(14:30~16:30)
    • イブニングカクテル(17:00~19:00)
    • 朝食(7:00~10:00)
  • 和朝食@蒼天
  • Bottom Line
続きを読む

【Stay】ザ・オークラ東京 クラブフロア滞在記

f:id:gragra1185:20190915231507p:plain

「ザ・オークラ東京」は、東京都港区虎ノ門にホテルオークラ東京を建替える形で、2019年9月開業したオークラ ホテルズ & リゾーツのフラッグシップホテル。「ザ・オークラ」名義では、既に台北のオークラ・プレステージに続いて2つ目のホテルとなります。(発音上、「ジ・オークラ」ですが、こちらの方が呼びやすいのでご容赦ください)

ザ・オークラ東京は、最高級ブランドとなる「ヘリテージ(Heritage)」と、次点ブランドとなる「プレステージ(Prestige)」タワーの2つの建物を有しており、更にLHW(ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド)に加入する日本を代表するホテルともなっています。

2015年8月末に多くの人に惜しまれながら、閉館したホテルオークラ東京、宿泊したことはなかったのですが、今回、プレステージタワーのクラブフロア利用ということでラウンジも楽しませて頂きました。部屋の御紹介のほか、クラブラウンジでの滞在等に関してご紹介します。

  • ザ・オークラ東京
    • メインロビー
  • お部屋(クラブルーム・キング)
    • 窓からのビュー
    • ターンダウン
    • 水周りとアメニティ
    • ビューバス
    • バスアメニティ
    • カードキー
  • クラブラウンジ
    • クラブラウンジからのビュー
  • アフタヌーンミール(14:30~16:30)
  • ナイトオードブル(17:30~19:30)
  • ナイトキャップ(20:00~21:30)
  • 朝食(07:00~10:30)
  • 館内散策
  • Bottom Line

 

続きを読む

【eat@hotel】ブリーズヴェール@ザ・プリンスパークタワー東京でのディナー

f:id:gragra1185:20190614005154j:plain

「Brise Verte(ブリーズヴェール )」はザ・プリンスパークタワー東京にあるフレンチレストランです。ザ・プリンスパークタワー東京には、他にも日本料理、中華、鉄板焼のレストランがありますが、唯一ブリーズ・ヴェールだけがホテルの最上階(33階!!)に位置しており、ホテルのスペシャリティダイニングとして、シェフの腕が存分に振るわれた西洋料理が提供されています。また、最上階にあるということから推測頂けるように、東京の夜景が綺麗に臨めるレストランでもあり、食事以外の部分でも楽しめるレストランとなっています。

今回、ザ・プリンスパークタワー東京に宿泊したこともあり、ブリーズヴェールでのディナーを楽しんできました。レストラン内装とか、お料理とかについてご紹介しようと思います。

 関連記事

www.lucktabi.com


  • Brise Verte(ブリーズ・ヴェール)
  • Speciality(スペシャリティ) 
  • Bottom Line

 

続きを読む

【Stay】ザ・プリンス パークタワー東京 プレミアムクラブフロア滞在記

f:id:gragra1185:20190611235338j:plain

「ザ・プリンス パークタワー東京」は、2005年に東京・芝に開業したプリンスホテル&リゾーツの「ザ・プリンス」を冠するフラッグシップホテルです。国内に5箇所ある「ザ・プリンス」ブランドのうち、4番目のホテルで来年開業15周年となります。ホテルの建物としては15年が経つのですが、度々改装を行っており、訪れるたびにリフレッシュした気持ちで利用できるホテルです。

何度かお世話になっていますが、今回5月にプレミアムクラブフロアに宿泊する事が出来たので、お部屋、ラウンジ、お料理、サービスまで体験してきた事をご紹介しようと思います。

他の「ザ・プリンス」ホテルの宿泊記事

 

  • ザ・プリンス パークタワー東京
  • レセプションとチェックイン
  • お部屋(プレミアムキング)
    • 窓からのビュー
    • 水周りとアメニティ
    • ミニバー
    • カードキー
  • ホテル周辺散策
    • ターンダウン・サービス
    • パークタワー・スパ&フィットネス
  • プレミアムクラブラウンジ
    • ティータイム(10:00~14:00~17:30)
    • カクテルタイム(17:30~19:30)
    • ナイトキャップ(19:30~21:30)
  • ブリーズヴェールでのディナー
  • 和朝食@芝桜
  • Bottom Line

 

続きを読む

【eat@hotel】MOTIF@フォーシーズンズホテル丸の内東京でのライトディナー

f:id:gragra1185:20190604012022j:plain

「MOTIF(モティーフ)」はフォーシーズンズホテル丸の内 東京にあるフランス料理レストラン&バーです。レストランからは、レトロな東京駅やJRの線路を行き来する電車、新幹線が見られ、食事だけでなく見所も多いレストランとなっています。

今回、フォーシーズンズホテル丸の内 東京に宿泊したこともあり、モティーフでライトディナーを楽しんできました。レストラン内装とか、お料理とかについてご紹介しようと思います。

 関連記事

www.lucktabi.com

 

  • MOTIF(モティーフ)
  • BAR BITE
  • Bottom Line

 

続きを読む

【Stay】フォーシーズンズホテル丸の内 東京 滞在記

f:id:gragra1185:20190603011059j:plain

「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」は、2002年10月に東京・丸の内に開業した高級ホテルです。国内では2箇所目のフォーシーズンズホテルでありまして、立地もリッチで、東京駅の横のパシフィックセンチュリープレイス内にあります。

かなり人通りの多いエリアにありながら、なかなかフォーシーズンズホテルへ向かう利用者を見たことがなかったので、ブラックボックス的なホテルという風に感じていました。(ネット上ではたくさんの方が「良き良き」と体験を語られているので、大変羨ましく思っていました。w)

さて今回5月に宿泊する事が出来たので、お部屋、お料理、サービスまで体験してきた事をご紹介しようと思います。

 

  • フォーシーズンズホテル丸の内 東京
  • レセプションとチェックイン
  • お部屋(プレミアルーム)
  • ウェルカムスイーツ
    • 窓からのビュー
    • 水周りとアメニティ
    • ミニバー
    • カードキー
  • 館内散策
  • 夕食@MOTIF
  • 和朝食@ルームサービス 
    • シューシャインサービス
  • Bottom Line

 

続きを読む

【Stay】ザ・キタノホテル東京 滞在記

f:id:gragra1185:20190528232112j:plain

「ザ・キタノホテル東京」は、2019年4月に東京・平河町に開業した高級ブティックホテルです。こちらは、元々長期滞在者向けアパートメントホテル「北野アームス」があった場所。今回、建物の老朽化に伴い建て替えを行い、高級ブティックホテルへと変貌を遂げたということです。ブティックホテルという言葉は、日本ではあまり馴染みがありませんが、デザイナーズホテルと同様の意味のようです。

また「日本風おもてなし」で有名なニューヨーク・グランドセントラル近くのザ・キタノホテルは姉妹ホテルとなります。こちらは文化人だけでなく、シャラポワやフェデラー、錦織選手も泊まるほどのホテル。ニューヨークにいった際に、ザ・キタノホテルをみて、泊まってみたいなーと言っていたのを思い出します。

さて、今回グランドオープンしてまだ日の浅い5月に宿泊する事が出来たので、お部屋、お料理、サービスまで体験してきた事をご紹介しようと思います。

 

  • ザ・キタノホテル東京
  • レセプションとチェックイン
  • お部屋(プレミアルーム)
  • ウェルカムスイーツ
    • 窓からのビュー
    • 水周りとアメニティ
    • ミニバー
    • カードキー
  • 館内散策
  • キタノアームスラウンジ (クラブラウンジ)
  • 朝食@レストラン「サン・パウ」
  • 少し残念だった点 
  • Bottom Line

 

続きを読む

【JAL】フランクフルト国際空港・サクララウンジ訪問記

f:id:gragra1185:20190515233119j:plain

2017年12月~2018年1月の年越しにドイツ・フランクフルト、ケルンに旅行に行きました。年末・年明けのヨーロッパは何度かきていますが、いつもの欧州の感じとはまた違う、ハメがだいぶ外れた感じや、それとは正反対に文化サイドでの年末の荘厳な感じの両方が相まって、このタイミングでの来訪も面白いなと思っています。

今回は、フランクフルトから日本への帰国。帰りもJAL便を利用させてもらいました。(JL408便)フランクフルト国際空港でのサクララウンジの様子と、機内食についてご紹介しようと思います。

  • フランクフルト国際空港のラウンジ
    • JALの上級会員制度で利用できるラウンジ
  • JAL国際線サクララウンジ@フランクフルト国際空港
    • フード、ドリンク
    • ラウンジ内の様子
  • 搭乗と機内食【JL408便】
  • Bottom Line

 

続きを読む

【Trip】2018.1.ドイツ・フランクフルト旅行記(年越し編)

f:id:gragra1185:20190506122916j:plain

2017年12月~2018年1月の年越しにドイツ・フランクフルト、ケルンに旅行に行きました。年末・年明けのヨーロッパは何度かきていますが、いつもの欧州の感じとはまた違う、ハメがだいぶ外れた感じや、それとは正反対に文化サイドでの年末の荘厳な感じの両方が相まって、このタイミングでの来訪も面白いなと思っています。

今回は、年越しのタイミングのフランクフルト。宿泊先にての年越しですが、フランクフルトの様子をレポートしたいと思います。

  • ドイツ・フランクフルトの年越し
    • 花火だらけの街の景色
    • 普段の夜景
    • フランクフルト・マリオットホテルでのイベント
  • Bottom Line

 

続きを読む

【Trip】2018.1.ドイツ・ケルン旅行記(大聖堂・食事編)

f:id:gragra1185:20190423005217j:plain

2017年12月~2018年1月の年越しにドイツ・フランクフルト、ケルンに旅行に行きました。年末・年明けのヨーロッパは何度かきていますが、いつもの欧州の感じとはまた違う、ハメがだいぶ外れた感じや、それとは正反対に文化サイドでの年末の荘厳な感じの両方が相まって、このタイミングでの来訪も面白いなと思っています。

今回は、年末のケルン。フランクフルトから高速鉄道に乗り、片道約1時間の旅です。ケルン大聖堂とその街を散策してきました。街中の観光地、食事処についてもご紹介しようと思います。

 

  • ケルン大聖堂 
    • 大聖堂・外
    • 大聖堂・内
    • 大聖堂・ステンドグラス
    • ケルン大聖堂・塔
  • ケルンの街歩き
    • ブラウハウス・ジオン
  • Bottom Line

 

続きを読む

【Trip】2018.1.ドイツ・フランクフルト旅行記(年末年始の観光・食事編)

f:id:gragra1185:20190422230756j:plain

2017年12月~2018年1月の年越しにドイツ・フランクフルト、ケルンに旅行に行きました。年末・年明けのヨーロッパは何度かきていますが、いつもの欧州の感じとはまた違う、ハメがだいぶ外れた感じや、それとは正反対に文化サイドでの年末の荘厳な感じの両方が相まって、このタイミングでの来訪も面白いなと思っています。

今回は、年越し直前のフランクフルト。歴史のある町ですが、年末ということで観光できる場所、食事できる場所等は限られており、年末のドイツってどんな感じなのかを中心に紹介したいと思います。

  • フランクフルト・マリオットホテル近辺
  • フランクフルト中央駅 
    • 駅近のカフェ・ファストフード
  • ゲーテ像とマインタワー、レーマー広場~ハウプトヴァッフェ周辺~
    • マインタワー
    • レーマー広場
    • ECB前の€マーク
  • Bottom Line

 

続きを読む

【Tips】ドイツ・フランクフルトでのSIMカード購入と、その利用・快適な観光のために。

f:id:gragra1185:20190416001231j:plain

2018年1月にドイツ・フランクフルトを訪れた際、現地のSIMカードを入手・利用して、結果的には自分のスマホを使って快適に観光してきました。

これ以前にドイツ・ベルリンに訪れた際は、ロンドンで購入したSIMを持ち込んで通信できており、今回の渡航前に少し調べた感じでは、現地で購入できるスポットが街中にも結構ありそうであり、何より日本でWi-Fiルーターを借りるより安くなりそうなので、現地で入手しようと楽観的にいきました。

ただ、2017年7月よりドイツで電気通信にかかる法規制が施行されているようで、その注意点とともに実際の手続き等をご紹介します。

  • 注意点:ドイツでは電気通信法による購入時規制がある
  • 電気通信法(TKG)§111  治安当局からの情報請求に関するデータ
    • ドイツ・フランクフルトでのSIMカードを入手・体験記
      • 駅〜メディアショップまではすぐそこ、目と鼻の先
      • プリペイドSIMの料金プラン
    • プリペイドシムの必要性と、購入時必要なもの
    • Bottom Line

 

続きを読む

Copyright © 2019 Luck Tabi.com All rights reserved.

Privacy Policy