Luck Tabi

「肩肘はらず、気楽に旅したい」そのためのマイル活用術や、旅行記。

【Stay】ザ・プリンス軽井沢 滞在記

f:id:gragra1185:20181211003157j:plain

「ザ・プリンス軽井沢」は、1982年に軽井沢プリンスホテル新館として開業した「ザ・プリンス」を冠する高級ホテルです。

軽井沢は有名な避暑地でであり、セレブな方達のリゾートや別荘のあるところというイメージです。ですが実は軽井沢駅周辺だと、プリンスのショッピングプラザがあり、周囲にはプリンスホテルが五件あるなど、知る人ぞ知るプリンス王国となっています。そんな感じで、どのホテルに宿泊しようか迷うほどですが、今回は西武プリンスのフラッグシップブランド、「ザ・プリンス」に宿泊する事にしました。

 

スポンサーリンク  

ザ・プリンス軽井沢

f:id:gragra1185:20181211003142j:plain

▲ザ・プリンス軽井沢は、「庭園の閑静な一角にたたずまいを見せるホテル。どの部屋からも雄大な浅間山の眺望をお楽しみいただけます。」と紹介されています。フラッグシップブランドとしてのホスピタリティと、自然豊かな中に見える浅間山の姿に期待して訪問しました。

循環バスでのアクセス

f:id:gragra1185:20181211003147j:plain

▲軽井沢駅を降りて、軽井沢・プリンスショッピングプラザに足を向けます。プラザからザ・プリンス方面の循環バスが出ているのでこちらのバスに乗って5~10分といったところです。

f:id:gragra1185:20181211003157j:plain

▲こちらが今回宿泊のザ・プリンス軽井沢です。

f:id:gragra1185:20181211003152j:plain

▲こちらは宿泊者のみですが、軽井沢駅、プリンスホテル、スパなどの敷地内施設を行き来してくれる送迎車を利用することもできます。混雑時は待ちますが、それでもすごい便利です。

ホテルエントランス

f:id:gragra1185:20181211003220j:plain

▲エントランスホールには暖炉がありました。冬には実際に火が焼べられているようです。冬の軽井沢は寒いですが、見てみたい気もします。

f:id:gragra1185:20181211003210j:plain

▲ホールは広めです。複数人で囲めるテーブルみたいな物も置いてあります。ロビーでチェックインしてお部屋へ。今回は、エグゼクティブツインのお部屋利用です。

エグゼクティブツインのお部屋へ

f:id:gragra1185:20181211003214j:plain

▲ザ・プリンス軽井沢は三階建ての建物ですが、エグゼクティブフロアはその三階にあります。

f:id:gragra1185:20181211003224j:plain

▲こちらがエグゼクティブツインルームです。お部屋は34.8㎡。窓が大きめで景色がきれいなお部屋です。

f:id:gragra1185:20181211003233j:plain

▲窓辺にはテーブルと椅子がセットされています。ティーを愉しみながら浅間を眺めることもできます。贅沢ですね。

f:id:gragra1185:20181211003238j:plain

▲窓からの眺め。浅間山が綺麗に見えます。四季折々の浅間山を見ることができるのも、このホテルを利用する愉しみですね。

f:id:gragra1185:20181211003310j:plain

▲机には、てるてるぼうず。天気になるといいなぁ。

バスアメニティと水回り

f:id:gragra1185:20181211233748j:plain

▲洗面台。カップ等はかわいいのですが、ちょっと貧弱な感じかな。

f:id:gragra1185:20181211003341j:plain

▲洗面台のカップ。マグカップがかわいくて良い感じです。

f:id:gragra1185:20181211003337j:plain

▲ザ・プリンス軽井沢のバスアメニティは「ARGAN」。南フランスのプロヴァンス生まれ。神秘的というかオリエンタルな香りが特徴的で、東京都内の高級ホテル「アンダーズ東京」のスイートルームでも採用されているハイセンスさを感じさせてくれます。

f:id:gragra1185:20181211003254j:plain

▲冷蔵庫の中、は割と普通な感じでした。お皿の上に載っているのはオリジナルのブルーベリージャムクッキー。ホテルのウェルカムサービスで、美味しかったです。

f:id:gragra1185:20181211003259j:plain

▲部屋備え付けのバス・シャワー。ちょっと物足りない感じですね。ザ・プリンス軽井沢の宿泊者は滞在中は温泉施設を利用できるので、基本的にはそちらを利用するでOKだと思います。

f:id:gragra1185:20181211003315j:plain

▲スリッパ。赤と青でした。

f:id:gragra1185:20181212230350j:plain

▲キーはディンプルキーで、カードキーではないのが乙ですかね。

エグゼクティブフロア特典:ライブラリーカフェりんどう

f:id:gragra1185:20181211003325j:plain

▲エグゼクティブフロア宿泊者は、ライブラリーカフェりんどうで、飲み物を頂く事が出来ます。実質的なラウンジサービスですね。ここでは、ビールやリンゴジュース等を頂く事が出来ます。

f:id:gragra1185:20181211003350j:plain

▲ライブラリーカフェということで、本を読みながら時間を過ごすのもOK。取りあえずビールもOKです。

f:id:gragra1185:20181211003345j:plain

▲りんどうは窓が開けているため、非常に開放的な空間となっており、まるで自然のなかでお茶をしているかのような感覚になります。

f:id:gragra1185:20181211003359j:plain

▲オススメは信州リンゴジュース。とても濃厚で美味しかったので、何度かおかわりしました。 

温泉、森のホットスプリング&スパ

f:id:gragra1185:20181211003411j:plain

▲ザ・プリンス軽井沢宿泊者は、温浴施設「森のホットスプリング&スパ」を無料で利用する事が出来ます。温泉内は撮影NGのため、写真はありません。温泉には、露天風呂があり、森と空しか見えないようにしているため、非常に開放感がありました。まるで自然の中でお風呂に入っている感覚でした。

歩いてアクセスするには若干距離があるので、私の場合は送迎車を利用してアクセスしました。

f:id:gragra1185:20181211003407j:plain

▲のれんにも木々が描かれていて、森の中の入浴を意図していそうです。

f:id:gragra1185:20181213004622j:plain

▲森のホットスプリング&スパの手前の写真です。こんな感じの風景を見ながら入浴する事が出来ます。朝は朝でいいのですが、夕方や夜に星を見ながら入るのも中々風流だなぁと思います。

Bottom Line

f:id:gragra1185:20181211003416j:plain

2018.5.に軽井沢にある「ザ・プリンス軽井沢」に宿泊してきました。「ザ・プリンス」のフラッグシップブランドとしてのホスピタリティと、自然豊かな中に見える浅間山の姿に期待して滞在してきました。一帯がプリンスホテル関連の施設も多いことから、軽井沢内の送迎、食事、温泉等々、待遇も手厚く(設備は貧弱な部分もありますが。)概ね満足の行くものでした。このホテルで良いなと思ったのは、何と言っても景色ですね。自然の中で浅間山が雄大に見えること。四季折々の浅間山を見る滞在をするのも素敵だなぁと思いました。

スポンサーリンク  

Copyright © 2019 Luck Tabi.com All rights reserved.

Privacy Policy