Luck Tabi

「肩肘はらず、気楽に旅したい」そのためのマイル活用術や、旅行記。

【JAL】フランクフルト国際空港・サクララウンジ訪問記

f:id:gragra1185:20190515233119j:plain

2017年12月~2018年1月の年越しにドイツ・フランクフルト、ケルンに旅行に行きました。年末・年明けのヨーロッパは何度かきていますが、いつもの欧州の感じとはまた違う、ハメがだいぶ外れた感じや、それとは正反対に文化サイドでの年末の荘厳な感じの両方が相まって、このタイミングでの来訪も面白いなと思っています。

今回は、フランクフルトから日本への帰国。帰りもJAL便を利用させてもらいました。(JL408便)フランクフルト国際空港でのサクララウンジの様子と、機内食についてご紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク  

フランクフルト国際空港のラウンジ

f:id:gragra1185:20190515233314j:plain

▲手荷物検査を抜けるとセキュリティエリア。こちらにはビジネスクラス、ファーストクラス利用者のほか、各航空会社の上級会員等が利用できるラウンジがあります。フランクフルト空港のラウンジ一覧は以下で、数が結構あります。これだけラウンジがたくさんあると、はしごしてみたくなる気持ちもわかります。

www.frankfurt-airport.com

JALの上級会員制度で利用できるラウンジ

f:id:gragra1185:20190515233318j:plain

▲JALの上級会員、ビジネスクラス利用などラウンジへのアクセス権を有している場合は、ワンワールドアライアンス所属の航空会社が運営しているラウンジが利用できます。フランクフルト国際空港では、「キャセイ・パシフィックラウンジ(サファイア会員以上必要)」、「JAL・サクララウンジ」、「プレミアムトラベラーラウンジ」が利用できます。今回は時間の都合もあり、「サクララウンジ」のみ訪問してきました。

JAL国際線サクララウンジ@フランクフルト国際空港

f:id:gragra1185:20190515233243j:plain

▲JALの海外ラウンジが閉鎖されていく中で、貴重な存在だと思います。今回、ラウンジへの訪問を非常に楽しみにしてきました。サクララウンジの質の高いサービスが受けられるほか、ファーストクラスラウンジでは、フランクフルトで有名店であるMUKUのカレーがサーブされているとのことです。

www.jal.co.jp

f:id:gragra1185:20190515233128j:plain

▲時節柄を反映した飾り、門松やスタッフさんの着物など、日本を感じることができます。「和」をこの時点で感じるので、これから日本へ帰るんだなという気になります。

フード、ドリンク

f:id:gragra1185:20190515233304j:plain▲ドリンクとして、ミネラルウォーターのほか、ドイツビールが数種冷やされています。これがドイツでのビールの飲み納めと思うとなんだかさみしいような、まだ飲み足りないようなそんな気持ちになります。f:id:gragra1185:20190515233259j:plain

▲冷蔵庫にあるビール、ウォーターのほか、スパークリング、ワイン、ウィスキーなども提供されています。

f:id:gragra1185:20190515233249j:plain

▲フードとしては、ソーセージが目玉でしょうか。すごいドイツっぽいです。美味しいです。ラウンジは人多めでしたが、フードの補充も適宜行われており、食べそびれる事はなかったように思います。

f:id:gragra1185:20190515233255j:plain

▲サラダもドレッシング、野菜と種類が豊富です。

f:id:gragra1185:20190515233310j:plain

▲このほか、「そばですかい」、「うどんですかい」が提供されていました。正月三が日ということもあってか、そばですかいの方が食べられていました。私個人としても「そばですかい」のほうが好きです。

ラウンジ内の様子

f:id:gragra1185:20190515233235j:plain

▲こちらは、割と普通のビジネスラウンジといった感じ。季節感・時節は特に感じませんでした。ラウンジ内は天井が高くていいのですが、如何せん人は多めです。ファーストクラスラウンジの方であれば、多少は緩和されているかと思いますが、仕方ないね。

 

搭乗と機内食【JL408便】

f:id:gragra1185:20190515233208j:plain

▲搭乗は撮影を忘れていたので割愛。ラウンジにいすぎて、優先搭乗に間に合いませんでした。写真は機内食前の一杯。とりあえずドイツビールで、名残を惜しみます。

f:id:gragra1185:20190515233220j:plain

▲1食目。いつものエコノミー飯って感じですね。いつものJALそばがいい味出してます。毎度ながら現地でそばを作ってもらっているのはすごいなーと思います。

f:id:gragra1185:20190515233230j:plain

▲2食目。ほとんど軽食ですね。JALのホイルは初めてみました。

f:id:gragra1185:20190515233337j:plain

▲JALホイルの中はこんな感じ。結構シンプルに和食っぽくて美味しかったです。下手に色々出されるよりはこちらの方がよっぽど良いような気がします。鮭もちょうどよし。

そして、あれよあれよという間に日本へ到着していました。

Bottom Line

フランクフルト空港でのサクララウンジ訪問、及びJALエコノミークラスでの機内食についてご紹介しました。

海外では、サクララウンジのない就航地でも、提供ラウンジにカレーがサーブされるなど、JALさんが手を回してサービスを入れたりしてくれているのかなーと思う例がありましたが、やはり本家サクララウンジは良いですね。

ソーセージが美味しい等、フードの充実もそうですが、レセプションで日本の正月感を帰国前に感じることができる一方で、ラウンジ内はいつも通り。和を押しすぎず、ラウンジとして調和がとれていて良いなと思いました。仕方なくはありますが、人が多くて、若干うるさ目なのが気になりましたが。

他の航空会社ラウンジも良いですが、JAL/ANAの海外ラウンジも訪問していきたいなーと思いました。

スポンサーリンク  

Copyright © 2019 Luck Tabi.com All rights reserved.

Privacy Policy