Luck Tabi

「肩肘はらず、気楽に旅したい」そのためのマイル活用術や、旅行記。

【Stay】名古屋プリンスホテル スカイタワー(クラブラウンジ)滞在記

f:id:gragra1185:20190110011850j:plain

2018.8.に名古屋観光に行きました。今回の滞在では、2017年10月に完成した「名古屋プリンスホテル スカイタワー」にお邪魔してきました。新しいホテルということ、かつ、ささしまライブ24地区であり、近年開発が進んでいるエリアでもありまして、名古屋駅の近くながら、少し名古屋駅付近とは違う雰囲気がする場所ということで、愉しみにしていきました。

 

スポンサーリンク  

名古屋プリンスホテル スカイタワー

f:id:gragra1185:20190110011854j:plain

▲玄関口からのエントランス。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのコンセプトは「空の浮きふね」。31階以上に位置する客室からは名古屋の街並が一望でき、まるで空に浮かぶ船です。

f:id:gragra1185:20190110011858j:plain

▲エントランスを抜けると、天井の高いホール。静かな空間です。奥のエレベータで31Fのロビーフロアへ向かいます。

ロビーフロア

f:id:gragra1185:20190110011901j:plain

▲ロビーは、31~36Fまでが吹き抜けとなっており、非常に開放的な空間となっています。ここには、レセプションのほか、クラブラウンジ、レストラン・バーがあります。

f:id:gragra1185:20190110011906j:plain

▲チェックインしてもらいます。SEIBU PRINCEゴールドを持っていますが、アップグレードはありませんでした。

f:id:gragra1185:20190110012002j:plain

▲ロビーには、美人すぎる書家として有名な青柳美扇さんがオープニングセレモニーで書いたという「天空」がありました。

お部屋(スカイキングルーム・トレインビュー)

f:id:gragra1185:20190110011917j:plain

▲お部屋の入口から。全景です。スタンダードルームですが32.3㎡あります。

f:id:gragra1185:20190110011924j:plain

▲ベッドはキングサイズ。手前が洗面エリアで、奥がリラックススペース。窓際にはソファも置いてあります。

f:id:gragra1185:20190110011928j:plain

f:id:gragra1185:20190110011932j:plain

▲開業が2017年10月と新しめなので、設備は問題なしでした。

f:id:gragra1185:20190110011952j:plain

▲窓から、昼のトレインビュー。眼下に見えるのは、ささしまライブ駅に発着する電車。見ていて飽きません、時間が経つのを忘れます。

f:id:gragra1185:20190110012046j:plain

▲夜はこんな感じでライトアップ。名古屋の都会の雰囲気が味わえます。

 水周りとアメニティ

f:id:gragra1185:20190110011921j:plain

▲水周り。洗面台は少し手狭ですが、必要なものは揃っています。

f:id:gragra1185:20190110011941j:plain

▲シャワーだけでなく、バスタブもついています。

f:id:gragra1185:20190110011946j:plain

▲アメニティは、POLAのシャワーブレイクプラス。ロイヤルゼリー配合。公式では、業務用しかないとのことですが、Amazon等では取り扱いがある模様。

www.pola.co.jp

カードキー

f:id:gragra1185:20190110012105j:plain

▲プリンスのゴールド会員なので、クラブラウンジアクセスキーも頂きました。下がお部屋のキーとなります。プリンスっぽいです。

クラブラウンジ

f:id:gragra1185:20190110012006j:plain

▲クラブラウンジのエントランスです。

入室資格 

クラブラウンジへのアクセスは、以下の資格が必要となっています。

 ・SEIBU PRINCE CLUB プラチナまたはゴールド会員の宿泊者 
 ・デラックスコーナールーム、プレミアムコーナールームへの宿泊

プリンスのゴールド会員でもアクセス可能なのは珍しいです。f:id:gragra1185:20190110012010j:plain

▲ラウンジ内はこんな感じ。シックでおしゃれですね。

f:id:gragra1185:20190110012014j:plain

▲入口付近には名古屋城のペーパークラフトが飾ってありました。ちょっとした小物がかわいいです。

ティータイム(10:00A.M.~5:00P.M.)

f:id:gragra1185:20190110012018j:plain

▲ティータイムは、ケーキやクッキー、マカロン、その他のお菓子、ドリンクを頂く事が出来ます。

f:id:gragra1185:20190110012024j:plain

▲愛知県豊橋発祥の人気菓子として、ブラックサンダーも置かれています。せっかくなので頂く事に。

f:id:gragra1185:20190110012027j:plain

▲ざっとお皿に集めるとこんな感じ。人もあまりおらず、良い感じのラウンジだと思います。

カクテルタイム(5:00P.M.~9:00P.M.)

f:id:gragra1185:20190110012031j:plain

▲カクテルタイムには、カナッペ等、オードブルレベルの物が供されます。このときは冷製のもののみでした。

f:id:gragra1185:20190110012035j:plain

▲ワイン、スパークリング等、アルコールはカクテルタイムのみだそうです。

f:id:gragra1185:20190110012042j:plain

▲集めるとこんな感じ。少し遠慮目です。この時間帯もあまり人がいない感じでした。

朝食タイム(6:30A.M.~10:00A.M.)

f:id:gragra1185:20190110012051j:plain

▲朝食もラウンジで頂く事が出来ます。ブッフェスタイルで、種類は少し貧弱。ただ、一部の名古屋めし(ひつまぶし、小倉トースト、味噌カツ)を頂く事が出来るので、観光で来られた方には嬉しいサービスではないかなと思います。

f:id:gragra1185:20190110012056j:plain

▲こんな感じ。せっかくなので、味噌カツとひつまぶしは頂いておきました。うなぎもちゃんと入っており、それなりの味でした。

f:id:gragra1185:20190110012101j:plain
▲クラブラウンジから見えるのは、名古屋駅・栄方面のビュー。高層ビルがちらほら見えて、都会という感じ。時折、東海道新幹線が下を通るのでここも見ていて飽きのこないスポットです。

Bottom Line

f:id:gragra1185:20190110012109j:plain

2018.8.に名古屋観光に行きました。今回の滞在では、2017年10月に完成した「名古屋プリンスホテル スカイタワー」にお邪魔してきました。近年開発の進んでいるエリアにあり、31-36Fの高層、クラブラウンジがあるなど、無印のプリンスホテルながら高級感溢れるホテルでした。

ホテル滞在するには、少し設備・サービス面共、物足りなさを感じてしまいますが、名古屋に用事があって「そのついでのサービス」という位置付けだと十分すぎるくらいでした。私も非常に満足いく滞在になりました。そのほか、Zepp名古屋が目の前にあったりと、特定のイベント等にも強いホテルだと思います。

スポンサーリンク  

Copyright © 2019 Luck Tabi.com All rights reserved.

Privacy Policy