Luck Tabi

「肩肘はらず、気楽に旅したい」そのためのマイル活用術や、旅行記。

【Tips】9月のシンガポールに行く時、気をつけるべき4つのこと【F1-GP期】

f:id:gragra1185:20180617160937j:plain

9月のシンガポールは一年で一度、最も盛り上がるイベント「F1シンガポールGP」があります。このお祭り中は、いつもとは違ったシンガポールを見る事ができますが、幾つかポイントを押さえていくと、更に楽しむ事が出来ると思います。基本的な事項〜この時期ならではのポイントまで、押さえておきたい事項をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク  

1.プリペイドシムは現地購入でOK。空港で購入したらEZlinkカードまで貰えた。

f:id:gragra1185:20180617155408j:plain

▲シンガポールでのネット環境は地元の環境が最も良いということで、現地のプリペイドシムを購入される方が多いと思います。筆者は何カ国か試していますが、現地シムが簡単に手に入り、使える国とそうでない国は明確に分かれます。(例えば、U.Sは日本で用意していく方が良いでしょう、痛い目をみました。逆に欧州、UKだと空港でいくらでも売っているし、セットアップが容易なので、現地調達で十分でしょう。などなど)

シンガポールの場合

現地調達でOK。空港で買うか、街に下りてからコンビニで購入するかだと思います(こちらは試してません)。

前者の場合は、現地のチャンギ空港内の制限エリアを出てすぐのTravelexで24hr販売しています。私の場合は、短期滞在(4日)で、インターネットしか使わないことが見えていたので、Singtelの「hi!tourist 15GB」にしました。というか「only internet use!」と言ったら、お姉さんが選んでくれました。長期滞在予定の方は、他のプランもあるので、用途に合わせて選びましょう。

そして、私の場合はその場でセットアップもしてもらいました(直前のアメリカでの体験が軽くトラウマったので)。またiPhone(シムフリー)でしか使用しない予定だったので、言語設定を英語にしてお願いしました。

両替してきていない場合は、同時に両替も頼めるので便利だと思います。

プラスα

チャンギ空港のトラベレックスでシムカードを購入した際、何故か市内までの片道分がチャージされたEzLinkカードが貰えました。プレゼントと言われたけど、普段からこんな感じでもらえるんだったか、疑問が残りました。とにかくラッキー。

2.ホテルはどこも高い。出来たらポイント等を利用して宿泊しよう。

シンガポールGP期間は繁忙期中の繁忙期、世界中からシンガポールに人が集まります。ホテル価格もそれに合わせて軒並み上昇しているので、できればホテルポイントの利用など、代替手段による宿泊を試みた方がよいでしょう。以下では、マリオットとヒルトン、世界的なホテルチェーンの場合の価格を比較しています。

例1.マリオット系列(9/8~9)vs(9/15~16)

f:id:gragra1185:20180617214935p:plain

▲シンガポールGPの一週間前のホテルの相場@マリオット系列(2~3万)

f:id:gragra1185:20180617214852j:plain

▲シンガポールGP中のホテルの相場@マリオット系列(4~6万)

9/8~9はリッツカールトンでも3万円くらい、JWマリオットでも2万程度。割とリーズナブルに宿泊できたのが、GP期だとJWマリオットが1泊6万円、マリオットホテルは2万程度だったのですが2倍、リッツカールトンは取り扱いなし、になっています。繁忙期効果おそるべし。

例2.ヒルトン系列(9/8~9)vs(9/15~16)

f:id:gragra1185:20180624231408j:plain

▲シンガポールGPの一週間前のホテルの相場@ヒルトン系列(1~2万台)

f:id:gragra1185:20180624231411j:plain

▲シンガポールGP中のホテルの相場@ヒルトン系列(2~4万台)

こちらも9/8~9はコンラッドに2万台で宿泊できたのが、GP期だとコンラッドは取り扱いなし、他ヒルトン4万円台、ガーデンインは2倍となっています。こちらも価格の上昇がすごいです。

3.是非シンガポールGPは見に行こう。

f:id:gragra1185:20180617160937j:plain

▲GP期間は、シンガポール中がお祭り騒ぎです。試験走行が始まると、街のどこにいてもF1の爆音が聞こえますし、皆の意識がそちらに向いているのが丸わかりなので、どうにも気になります。せっかくなので、行かない手は無いです。

シンガポールGPではF1レースのみでなく、世界的歌手のライブがあったりもするので、すごいオススメです。昨年はアリアナ・グランデなどが来ていました。

こちらは2017年のシンガポールGP観戦記です。

4.普段の観光はしにくいかも。但し、GPのチケットを持っていると、割引が受けられる場合も。

f:id:gragra1185:20180617220944j:plain

▲以前にもシンガポールに訪れた事はあったのですが、GP中のシンガポール滞在中は、良くも悪くも完全にシンガポールGPに影響された観光でした。まず以下の記事を参考にして、両側面をピックしていきましょう。

【Trip】2017.9.シンガポール旅行記(F1シンガポールGP編) - Luck Tabi

【Trip】2017.9.シンガポール旅行記(観光編) - Luck Tabi

【Trip】2017.9.シンガポール旅行記(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ編) - Luck Tabi

【eat@hotel】THE FULLERTON HOTELでのアフタヌーンティ - Luck Tabi

良い影響を感じた点

・街全体がGP一色、とにかく楽しかった。

・シンガポールGPチケットで割引があった

・シンガポールGP限定のアフタヌーンティセットを試す事が出来た

▲良い点は街がF1一色だったという点ですね。F1初体験でもあったので、とにかく楽しめたという点と、ガーデンズバイザベイなどではF1のチケットを見せると割引もありました。またホテルなどでもF1限定のアフタヌーンティを提供してくれたりと、年に一度のお祭りを一緒に楽しむ事が出来たと言うのが良い点だったと思います。

中立(イーブン)

・普段混んでいるエリアが閑散としていた

▲ほとんどの人がF1目当てで来ているので、普段混んでいるエリアが閑散としていたり、普段混んでいない箇所が混んでいたりと色々とあべこべでした。混んでいないところをゆったり観光できるのは良い点ですが、逆に普段ゆったりしていたところが混んでいたりもしてイーブンな影響ですね。

悪い影響を感じた点

・道が寸断されていて自由に移動できなかった

・F1の爆音がどこでも聞こえてうるさかった

・チケットを持っていないと入れないエリアができてしまっていた

・ホテルの価格に代表されるように色々ちょっとお高めだった

▲あくまで普段の観光と比べてという点ですが、大きくは街のど真ん中にコースが出現するF1の直接的影響と副次的影響です。直接的な影響は、コースがど真ん中にできるので、普段近道として利用していたような道が結構使えなかったり、地下を行かざるを得ない場合があったりしました。特にマーライオン近辺は注意です、結構行ったり来たり戻ったりしました。同様な影響としては、F1好きじゃない人にとっては爆音がどこでも聞こえてしまっていたのと、チケットを持っていないと入れないエリアが出来てしまっていたのが挙げられると思います。後は、副次的な影響、ホテル等の価格が高かったりといった部分ですね。

Bottom Line

9月のシンガポール、特にシンガポールGPが開催される期間の注意事項4点をご紹介しました。「F1シンガポールGP」は最も盛り上がるイベントであるので、よくも悪くもシンガポールはどこも影響を受けています。私の場合は、たまたま行ったタイミングがGPで大分楽しめたので、F1を見に行く事を推奨しますが、うるさかったり、人ごみが苦手な場合には必ずしも行く必要はないでしょう。普段より混んでいないエリアで楽しむ事を推奨します。

2018年はとりあえず行かないことにしていますが、市街地コースのF1は中々見れるものではないので、またいつかF1シンガポールGPを見に行きたいなーと思っています。

スポンサーリンク  

Copyright © 2017 Luck Tabi.com All rights reserved.

Privacy Policy