Luck Tabi

「肩肘はらず、気楽に旅したい」そのためのマイル活用術や、旅行記。

【Tea】ロイヤルブルーティー六本木ブティック・THE T BAR 訪問記

f:id:gragra1185:20190110003716j:plain

「ワイングラスで飲む紅茶」で有名なワインボトル入りティを作っているロイヤルブルーティさん。こちらで作られている最高級茶は、JALさんの国際線ファーストクラスを初めとして、有名料亭、高級旅館・ホテルなどでサーブされていることで知られています。一本数千〜数万円もする高級茶は、なかなか飲む機会がないものですが、六本木と茅ヶ崎にあるブティックでは一杯1000〜円程度で試飲ができるそう。今回は、六本木のブティック、THE T BARで極上のティー体験をしてきました。

www.royalbluetea.com

 

 

スポンサーリンク  

ロイヤルブルーティー六本木ブティック・THE T BAR

f:id:gragra1185:20190110003623j:plain

▲六本木ヒルズ近く、七丁目の交差点にこっそりあるロイヤルブルーティ六本木ブティックさん。入口もシックな色使いで、六本木らしい、大人の雰囲気が漂っています。

アクセスと営業時間

営業時間:11:00~20:00(19:00L.O.日曜定休) 住所:東京都港区六本木7-18-15

アクセス:六本木駅 日比谷線2出口・都営大江戸線4b出口より徒歩4分 今回は予約なしで行きましたが、予約していく方がベターだそうです。

f:id:gragra1185:20190110003639j:plain

▲ブティックでは、ワインボトル入りの高級茶が、ずらりと棚に並べられています。ロイヤルブルーティは、三越等にも店を出していますが、取り扱いはGrandクラスまでのものとなります。10,000円以上するImperial、Premium、更にそれ以上のお値段のする最高級茶はこちらと茅ヶ崎本店でしか購入できません。

以下で少しだけ紹介します。

JAL国際線ファーストクラスでもサーブされている高級茶

f:id:gragra1185:20190110003636j:plain

▲こちら、JALの国際線ファーストクラスでも振る舞われている「Queen Of Blue deluxe」。ヴィクトリア女王が愛し、東方美人と名付けた茶葉から抽出したもの。ロイヤルブルーティではお茶っ葉の蒸し方、抽出方法は勿論、水のpHなんかもこだわっているとのこと。グラスで頂きましたが、こちら一杯1,400円。ボトル購入は、4,200円。

1本1万円の最高級茶

f:id:gragra1185:20190110003643j:plain

▲ちなみに、ティ用のワイングラス(ハンガリー製)も売られています。ロゴ入り3,780円です。右に座しているのが「キング オブ グリーン コウイチロウ インペリアル」10,800円。京都は宇治の六代続く茶房の五代目、山本名人が栽培し、摘み、作った伝統的な碾茶。3日かけてゆっくりと抽出しており、時間と手間のかかった一品です。

1本65万円の幻の茶

f:id:gragra1185:20190110003648j:plain

▲こちら「King of Green HOSHINO Super Premium」も置いてありました。何とお値段が、648,000円。第70回全国茶品評会 玉露の部において、農林水産大臣賞を受賞した茶葉から抽出したボトルドティ。その希少性と値段もさることながら、実際に購入された方もいるとの事実に驚きました。

THE T BARでテイスティング

f:id:gragra1185:20190110003711j:plain

▲ブティック併設のTHE T BARでは一部のボトルドティを頂く事が出来ます。バーには、バーテンさんがおり、人がいないときには話相手になってくれます。お茶のことをかなり聞きましたが、その知識量に舌を巻きました。

f:id:gragra1185:20190110003703j:plain

▲せっかくなので、クイーンオブブルーを頂きます。一杯120ml、1500円。

f:id:gragra1185:20190110003658j:plain

▲香りとクイーンオブブルーのすっとした味わいを楽しみます。

テイスティングセット

f:id:gragra1185:20190110003707j:plain

▲テイスティングセットで複数種類を楽しむ事も出来ます。今回は、京都宇治碾茶、FALL IN LOVE(高山茶)、ロイヤルダージリンティを選びました。何種類か試したい方にはオススメで、それぞれの香りと味を楽しむことができます。今回の三種はどれも飲み応えよく、香りも楽しめ、ワイングラスで楽しむというコンセプトがわかるようでした。TheUjiは伊勢志摩サミットでもサーブされたお茶だそうです。一本なんど5,500円。

ちなみに、セットはティを3種類(70mlずつ)選んでサーブしてもらいます。値段はティ(120ml)の半額がセット価格。例えば、クイーンオブブルーを3回選ぶと、70ml×3を750×3円で楽しむ事が出来ます。こちらのほうがコスパは若干よさげ。

f:id:gragra1185:20190110003653j:plain
▲一人当たりチャージが500円かかります。こちらは茶菓子。茅ヶ崎の湘南 ル・ショコラ・ブンゾーの生チョコだそうです。口でとろける生チョコは、繊細なお茶の味にも合っていて、茶菓子にもこだわりを感じました。

Bottom Line

「ワイングラスで飲む紅茶」で有名なワインボトル入りティを作っているロイヤルブルーティさん。その旗艦店である、「ロイヤルブルーティー六本木ブティック・THE T BAR」にお邪魔してきました。一本数千〜数万円もする高級茶は、なかなか飲む機会がありませんが、六本木と茅ヶ崎にあるブティックでは一杯1000〜円程度で試飲ができ、今回、極上のティー体験をしてきました。

今後、自分が飲む分には買う事は無い気がしますが、贈答向けには良い選択肢である気がしました。例えば、アルコール苦手な方、またアルコールを飲めない妊婦さんとか、幅は広い気がします。

スポンサーリンク  

Copyright © 2019 Luck Tabi.com All rights reserved.

Privacy Policy