Luck Tabi

「肩肘はらず、気楽に旅したい」そのためのマイル活用術や、旅行記。

【Trip】2017.4ロンドン旅行記(観光編)

f:id:gragra1185:20170617145746p:plain

2017.3.~4.にかけて、JALファーストクラス、ビジネスクラス(およびOneWorld便)を利用して、欧州周遊旅行に行きました。

ロンドンでは博物館、美術館巡りが主要な目的でした。そうはいっても初めて訪れた国の観光名所、建築を巡るのも楽しいもので、本記事では主として観光名所について紹介したいと思います。*一記事にまとめて書いているので、写真多めです。

スポンサーリンク  

ビッグベン、ロンドンアイ付近

f:id:gragra1185:20170617145746p:plain

私たちがロンドンを訪れたのは、国会議事堂近くでテロ事件が起きた後、1〜3週間後くらいのタイミングで、ここら周辺は、ちょっと沈んだ気持ちで観光したのを覚えています。直近でもマンチェスターでテロ事件が起き、非常に非常に衝撃的で悲しく暗い気持ちになります。

f:id:gragra1185:20170617150334p:plain

ロンドンアイ周辺〜ビッグベン周辺です。天気にあまり恵まれず、毎日大体こんな天気でした。

f:id:gragra1185:20170617150746p:plain

国会議事堂の前です。チャーチル像があります。また、テロ事件の後ということもあり、広場には沢山の花束、慰霊の言葉などなどがありました。とにかく、言葉がみつからない、そんな感じでした。

ロンドン塔、タワーブリッジ、ロンドン橋付近

f:id:gragra1185:20170617151018p:plain

ロンドン塔です。過去の砦が発掘されたりもしてるらしいです。

f:id:gragra1185:20170617151118p:plain

昔はこんな感じでライオンもいたんじゃないかというイメージ。

f:id:gragra1185:20170617150921p:plain

タワーブリッジです。上って手を振っている人が見えました。

f:id:gragra1185:20170617152407p:plain

こちらは、London bridge is falling down♪の歌で有名なロンドン橋です。

f:id:gragra1185:20170622012607p:plain

案内板にはロンドン橋の歴史が。ロンドン橋は歴史が古く、1750年にウェストミンスター橋がかかるまでロンドン市を結ぶ唯一の橋だったそう。古くから何度となく落ちて、何度も掛け直されているとのこと。

f:id:gragra1185:20170622012822p:plain

こちらには生態系が紹介されていました。様々な生物がロンドン橋周辺のテムズ川には棲んでいると、表示がありました。

f:id:gragra1185:20170617152655p:plain

現在のロンドン橋の姿。結構plainな感じの橋です。

リージェンツパーク付近

f:id:gragra1185:20170617150551p:plain

ロンドンの公園は美しい、そして広い。また、そこここに公園があるので、ふらっと立寄ってゆったりとした時間を過ごすことができます。例えば、チューリップが植えてあり非常にきれい。

f:id:gragra1185:20170617151838p:plain

日本の公園ではみかけることがほぼないですが、リスなんかもいます。癒されます。

f:id:gragra1185:20170617152134p:plain

リージェンツパークは非常に広いですね。試しに、ホテルの所在地からリージェンツパークを通って大英博物館まで歩いてみたのですが、リージェンツパークを抜けるのに苦労しました。加えて、普通に遠かったので、足が棒になりました。

クイーンズ・シアター(オペラ観劇)

f:id:gragra1185:20170617151509p:plain

ロンドンといえば、観劇、オペラも欠かす事が出来ない要素だと思っています。何せ、シェークスピアのグローブ座があった都市ですから。ということで、レ・ミゼラブル鑑賞に行きました。

f:id:gragra1185:20170617151721p:plain

クイーンズシアターの劇場内の様子です。1階席後方の結構安い席から見たのですが、かなり見切れてしまっています。変なところで節約しようとするとこうなります。バリケードのシーンなど、ほとんど上方は見えなかったので、観覧予定のある方はお気をつけください。

f:id:gragra1185:20170617151638p:plain

 終了するとこんなもんです。辺り一帯が人の海。早めに抜けるか、終わる直前くらいにトイレを使っておくことをオススメします。

ロンドン蛇足

f:id:gragra1185:20170617151433p:plain

前記事で紹介しましたが、ロンドンの国立博物館、美術館系は寄付で成り立っている場合が多いです。そのため、大抵の場合には入口/出口にチップ箱が置かれています。ここの場合は、寄付目安が記載されています。EU諸国は€7と結構高いですね。日本語は、、、¥160と。。

ちょっとでもいいから寄付をしていけ。というメッセージのように感じます。とりあえず€5札をそっと入れて来ました。

Bottom Line

ロンドンのメジャーな観光地について紹介しました。ビッグベン、ロンドンアイ、ロンドン塔などなど、見逃せない場所がたくさんあります。

今回は博物館、美術館見学がメインだったので、かなり駆け足で見て回ったのですが、次回はゆっくり見て回りたいと思いました。

スポンサーリンク  

Copyright © 2017 Luck Tabi.com All rights reserved.

Privacy Policy